不動産投資と減価償却

不動産投資と減価償却では

不動産投資では減価償却が重要

不動産投資をするとき、所得税を節税できるという話がありますが、マンションの減価償却がポイントとなります。耐用年数が30年、3000万円で購入した不動産なら、3000万円を30で割って、毎年100万円を経費として計上できます。これが減価償却の基本的な考え方であり、管理費・修繕費などとあわせると赤字が出る可能性があります。赤字が出ると、損益通算をして、所得税を減らすことができます。しかし、マンション投資では、赤字が出るよりも黒字が出るほうがよいので、税金を節約することも大切ですが、黒字を出すことを優先しましょう。

マンション投資の節税効果

マンションへの投資では、物件選びが重要になってきます。所得税や住民税を節税できる効果もありますが、赤字が出た場合に損益通算ができるというものですので、赤字がでなければ節税効果はありません。むしろ、黒字が出たほうが総合的なメリットは上ですので、節税効果のために不動産投資をするということはおすすめができません。節税効果のために赤字が出るような物件を選んではいけません。相続税については、かなりの節税効果が出ることがありますが、なるべく専門家に相談をして、アドバイスを受けておいたほうがよいでしょう。ファイナンシャルプランナーなら、適切な相談先を紹介してくれます。

↑PAGE TOP